2008年07月04日

戦争も力も争いもすべて女性名詞

最近、なんとなくフランス語の勉強に励んでいます。
英語の勉強はそっちのけで開くといえばフランス語の教科書。
というだけのことだけど。。。

語学の勉強をしているとつくづく、自分って根気ないなーって思う。
コツコツという言葉は私の辞書にございません。

フランス語学習者がよく言うことだけど、名詞に男性・女性があり、
それによって述語も変わるし形容詞の語尾も変わるし・・・
スペイン語はなんとなく韻を踏んでいる気がするので覚えやすいように思えたけど、
フランス語の場合はそうでもないところがまたイライラ。

でも、さすがにヨーロッパの言語だけあって
文の構造は英語と似ているし、熟語とか言い回しが英語と同じっていうのが多い。
(どちらかというと、英語がフランス語の言い回しを取り入れたのだろうけど)
せめて義務教育とその後途切れながらでも英語を勉強してきて良かったと思う。

とりあえず今は語彙を増やすのが一番大切かなーと思って
短い簡単な文章を教科書に、基礎単語の意味や性別を覚えているのだが
まず第一にノート作り。この作業はかなり好きな部分で、力が入る。
(形に残るからやった気になるというだけなんだけど)

自分は文章よりも視覚的に物を覚えるほうが得意なので
ノートに単語を整理するときに男性名詞は左側に、女性名詞は右側に
それぞれ青、赤のペンで書き出してみている。
ノートを作る段階ではかなりやった気になれていい!
なんにせよ、覚えなければしょうがないんだけど。

しかし、作文や会話は、まだまだ遠い先って気がしている。
コツコツ、できるだけ毎日、数時間取り組んでいかないと
何の効果もなさそうだ。

がんばれ自分。
posted by おおゆき at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。