2008年08月26日

変わりまくる設計・アリラン

昨日も下水道工事行ってきましたが、
なんというか・・・住民の苦情やら、保証金請求やらのために、
もともとの設計からどんどん変わっていってます。
設計しなおすことはそれほど大変じゃないんだけど、
住民の態度がやっぱり気に食わないって言うか、頭にくることも多い。。。

そんな中、初めて隊員に工事現場に来てもらいました。
たまたま同じ方面に用事があったので、道案内をしたついでだったけど。
私、一人で現場に行くのすごく嫌いなんですが、それってわがままかなーって
思ってたんです。
でも、来てくれた2人(男女)も、気持ちを分かってくれて、
なんか楽になりました。
あと2,3ヶ月は工事終わらないと思うので、気合入れてがんばります!!

******************

夜は、上総掘り(かずさぼり:人力で井戸を掘る方法)を
実施している日本のNGOの方とJICA関係者数名と会食。
アリランという韓国料理屋さんでお腹いっぱい胸いっぱいです。
このNGOはIWP:international water projectといい、
すべての作業を人力でできる井戸掘りの技術を水で困っている地域に伝えている
という団体。
ホームページは
http://homepage3.nifty.com/iwp

JICA所長の協力隊員時代の知り合いだそう。開発の世界に生きていくのに、人と
のつながりってすごく大切なんだなーってちょっと思いました。
技術自体はすごくシンプルで、途上国にはもってこいだと思う。今はケニアで活
動されているので、ぜひ見に行きたいなーと思いますが・・・やっぱダメかな??

充実した一日でした。
posted by おおゆき at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ウガンダで活動中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。