2008年09月26日

職種詐称疑惑と小学校でクラフト指導

SANY2383s.JPG


最近、ハンドクラフトが楽しい。あっさりと、本業に取って代ってしまっている
気がする。
もともと、手作りは好きなんだけど、それほど生かす場が無かったので体験手作
り程度で留めていたのだが。

村落隊員、学校隊員や環境教育隊員が活動先での収入向上のためにやっているハ
ンドクラフトと、草木染。
自分の持っていた紐を染めてもらったあたりから、簡単なものでは組みひもやプ
ロミスリング(懐かしい!!)
本を借りて解読してやってみたらはまってしまったカード織りなど。

いや。ものづくりって、楽しいよ。
土木の仕事ってすごくお金も使うし、資源も使うし、環境に負荷がかかるから微
妙だなって思うし、ぶっちゃけてしまうと学生の頃からアンチ土木だった。
ハンドクラフトは純粋にのめりこめる。それも、ナチュラル素材がメインだから
環境問題とか気にせずに楽しめるのが素敵。

カード織っていうのは、機織機が無くても厚紙何枚か使ってできるという優れもの。
今日の写真は、太いほうが草木染で染めたコットンの糸を使って織ったもの、
細いほうはレーヨンの糸を4本束ねたものを縦糸にして、リボンみたいな感じで
織ったもの。
ノルウェーだかフィンランドの伝統工芸で、きちんと読んでないけどたぶん南米
とかでも作られてると思う。
ウガンダ産の絹糸を使って、草木染して、カード織りで小物を作って売れたら素
敵だなーなどと
夢は膨らむ。


天然のものだけで作る手工芸品を目指すエリツィンの任地に(彼女は、もともと
養護隊員なのだが、学校の経営を助けるために女性グループのハンドクラフト作
りを支援してそれをJICA関係者やトレードフェアで販売、経営の足しにしてい
る)籠作りを教えに行った。

予定よりも結構早く到着したため、一緒に教えに来ていた女性グループの人の作
品を見せてもらって、
買い上げたり、注文して作ってもらったり。私が作った籠を見せると、
どうやってできるのかとか、私にもできるはずだ!とか、
みんな興味津々で学習意欲というか、向上心があって素敵だなーと思う。

肝心の授業のほうはというと。。。
ただでさえ人にものを教えるのが苦手な私。
子供たちに教えるのは、もっと大変。
編み始めるところだけ教えて、あっという間に2時間くらい経ってしまった。
帰国までに、何とか最後まで作れるようになってもらえればいいんだけど。。。。。


隊員として、間違ってはいないと思うんだけど、
肝心の工事現場のほうがおろそかになってしまっているのはさすがにまずい。
うまくバランスとっていかないと。
posted by おおゆき at 04:56| Comment(3) | TrackBack(0) | ウガンダで活動中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はまってますねー。
つぎは村落か手工芸隊員でアフリカに戻ってくるのはどうでしょう?
なんちて。

自分も直帰になりそうな感じです。。
ルワンダからウガンダ行けるようになりましたよー。
でも、自分はもう任国外日数がない。。
Posted by suya at 2008年09月26日 06:54
職種詐欺!?
良いと思いますよォ〜。
日本にいると・・・
全てが便利過ぎて。何でも簡単に手に入るので・・・
自分たちで作る喜びを知らないことの方が多いですものね。
しっかりと貢献されているおおゆきちゃんGreatです!!
Posted by usagi at 2008年09月26日 11:56
suyaくん
熱し易く冷め易いため、隊員として2年間やるのはちょっとつらいかも。
ルワンダから来れるようになったのはこの間聞いたよ。
でも、飛行機だけらしいね。
こっちからはバスでも行けるのに・・・。
私は15日間任国外の日数を残したまま帰国しそうよ。


usagiちゃん
詐欺じゃないよ〜詐称よ。
何も貢献してないけど、自分が楽しいことが他人の役にも立つなら本当に素敵なことだよね。
物が無い、少ないところに行くと、工夫しないといけないとか、大切にしないといけないとかそういう精神が養われていいかも!
Posted by おおゆき at 2008年09月26日 15:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107150418
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。