2009年01月13日

初めてづくしの交通事故

考えてみると、今年本厄なんですよね。ワタクシ。
以前から、交通事故にあったという話に触れてきましたが、
もうちょっと具体的に書いておこうと思います。

2009年1月1日
午前中>
年越しをウガンダ東部の観光地ですごし、
シピ滝の周りを散策、コーヒーの生豆を購入、
切り餅を木炭でやいてあんこをつけて食べるなど
正月気分を盛り上げる。

昼過ぎ>
どうせやらないような気がしたけど、
とりあえずやらないといけないと思っていた仕事があったため
シピには一泊で首都カンパラへ戻るべく、
あまのっち、エリツィンと共にタクシーと交渉してムバレへ向かう。

道中、カンパラに帰ったら韓国料理を食べに行こうかとか、
食べ物の話で盛り上がりながら興奮する。

ふと、前を見ると走行中の自転車に車が吸い寄せられるように近づいている
運転手に声をかけたが時既に遅く、車は道路を大きく外れ側道に落下。
(この時のことはよく覚えていないけど、運転手によると3回転したらしい。
しかし、かなり信憑性がない。一回転くらい横転したかも。)

気がついたら周囲の人が群がってきて、とりあえず救援しようとしてくれている。
近くにある保健所に連れて行かれ、応急処置をうける。
この時点で、左手の手首が異様に膨らんでいて、
頭から血が流れ落ちるかなりグロテスクな状況。
ほかの二人もそれぞれ怪我をしている。
エリツィンはかなりの重症で起き上がれず、
あまのっちは割と軽症で健康管理員に連絡を取ってくれたりしている。
私も自分で歩けはしたが、腰が痛いので止血消毒のあとにベッドに横になる。
手首はぬれたタオルで冷やし続ける

それぞれの怪我の処置が終わってから、一番近くにある大きめの病院に移動することに。
近所の人が車を出してくれる。
1−20分で到着するが、指定された病院は休みのためムバレ病院へ、
レントゲンを取ってから診察に向かう。

私も、ちょっと不安だったので左手のレントゲンをとる。

病院では、頭の傷の消毒を受けて、後は近所の隊員の家に収容され、
おいしいおかゆとカレーライスをご馳走になる。
このときも腰は痛いため、ベッドに座りふんぞり返って食事。
かなりな殿様気分。

シップを張ったり、歯磨きを済ませてから就寝。
長い元旦が幕を閉じた。


1月2日

ムバレ病院にずっといるわけにもいかないので
とりあえずカンパラに戻ることに。
ここで、人生初の救急車に乗車!!
日本の救急車の内部とは多分違う感じなんだろうけど、
貴重な経験をさせてもらいました。

救急車を出してもらったからには、寝て帰れると思ったんだけど
ストレッチャーは一台しか入らないということで普通の座席に座って移動。
これはかなり辛かったです。

正直、そんな状況で移動しないといけないくらいなら
もう少し体が楽になるまでムバレに居たかった。
カンパラに着いてからは某Nそね調整員のお宅に収容され
正月におちよさんたちが作っていった料理の残り物をいただく。

1月3日
午前中から外科で診療してもらった後に
Nそねさん宅は夜に飲み会があるということでお隣のOばたさん宅に移動。
振り返ってみると、私は一度も腰の打撲について診療してもらったことはなく、
額の傷の消毒だけだったな。
そんなのなら自分で出来るんですけど・・・。
まぁ、大丈夫だってことなんかね。

夜は、Nそねさん宅に来ていた同期の理数科のみんなと会って、
新年の挨拶を済ます。
本当はその後の麻雀大会に参加したかったけど、
さすがにそれは遠慮してOばた家に帰宅。
ウガンダの麻雀納めとなるはずだったのに。。。返す返すも残念。

ここまで、ほとんど動かずに食っちゃ寝てたため、
だんだん体型が気になりだしたが、とりあえず回復するまでは。
ということで自分を納得させる。


6日に帰国が迫り、自分的にはエコノミーだと厳しいかなと感じていたので
自費でビジネスにアップグレード。
最後になって800ドル程度の大きな出費となったけど
まぁ、大事をとるという意味でもいいかなと。


後は、ムバレにいたときにお世話になったたくさんの方々に
日本食の差し入れを送ったら自分の中ではとりあえずひと段落着くかなというところ。

いやーでも、ほんと、生きててよかった。。。

今は、頭の傷は治りかけています。
(多分、跡は残っちゃいそうな感じだけど。。。)
あとは打撲による腰痛がいつまで続くのか知りたい。
posted by おおゆき at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ウガンダ内外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かなりの交通事故だったんだね・・・
そんな大事とは思ってなかったわ。
とりあえずは気になるとこはあるようだけども元気そうだし、よかったよ(^-^)
それにしても、3回転って(汗) そんな回るかいなっ!と心の中で私も突っ込んでしまったケド・・・(-_-;) やっぱ外人は大袈裟なんかな??
Posted by けこ at 2009年01月14日 15:21
ウガンダ人は、かなり大げさですね。
その上、数字に弱いし。。。
ってか、お前反省の色なしだろ!って思いましたけど、
彼もけがをしていたのでしょうがないかな。
日本だったら、治療費とか請求できるのに残念デス
Posted by おおゆき at 2009年01月14日 20:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。