2007年05月08日

人名と地名の世界統一はいつの日か?

フランスの大統領選についてはフランス語のニュースで聞いたり読んだりしていたのだが、
あまりはっきりと意味が理解できていなかったので、今日はロイターなどの日本語版で
ついでに写真も見たりしながら真相を明らかにしてみた。

そこで違和感を感じたのは候補者の名前。
英語・フランス語のラジオで読まれる名前をカタカナにすると
ニコラス・シャコジー(シャにアクセントがある)
という風に聞こえるのだが、日本の新聞には「セルコジ」氏と書いてある。

最近まではまっていた「ローマ人の歴史」シリーズも
同一人物の名が2通り書いてあったり、それでやっと分かることも多い。
一通り世界史を知っていたとしても、
チャールズがシャルルとなりカルロスとなり
マイケルがミヒャエルとなり、ミッシェルになってしまう
「言葉の壁」を乗り越えるのは
かなりゲンナリする作業だと思う。

まぁ、そこまで行き着けるかはまた別の問題ではあるが。。。
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+
http://ugandaentebe.seesaa.net/
posted by おおゆき at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。