2007年08月09日

英語でプレゼン

SANY0031_1.JPG
今週末は理数科隊員の任地であるカンジュチsecondary schoolで
”New Culture day”が開催される。

ウガンダと日本の文化の違いを、
プレゼンテーションやパネルディスカッションで探り、
両方のいいところを認め合い改善点も探っていこう。
というようなイベントだ。(多分、私の認識が間違っていなければ。)

で、主催してる隊員から「日本に関するプレゼン」を依頼されて
ここ数日その準備をしていた。
自分の中でプレゼンの流れを考えて、文章にして。。。
日本語でやっても頭の回転がスローな私は結構時間が掛かる。
それも今回は英語。一通り文章を作ったあとに同僚にチェックしてもらった。

それなりに理解可能な内容ではあり、まぁまぁ及第点。というところだろうか。
文法も表現も、やっぱり日本人がやりやすい間違いみたいなものはあるだろうが
まぁそれなりにそれなりに。。。

一つ、印象的だった同僚の発言
「米語はでたらめすぎる。英語が正しいEnglishだ。」ということ。
そりゃ、ここはイギリスからの影響が明らかに大きいだろうけどね。
かなりの誇りと自信を感じられる発言だなーと思った。


しかし、なんだ。
考えてみると、修士課程にいって研究・学会発表などしてたくせに、
同じ講座の中では英語が得意な方に分類されていた割りに、
英語でのプレゼンは初めて。

日本語のプレゼンも、卒論と修論と社会人になってから2回か。
それだけかー。と自分でも思う。

しかも今回は、日本の文化を紹介というのもあるが、
「生徒たちの手本となるプレゼンをみせる」
という目的がある。
そんなの、私も見てみたいもんだよぅ・・・
と思いながら、最善尽くしてきます!

ちなみに、プレゼンは写真満載で年中行事と季節の食べ物を紹介する。
何に使うつもりだったのかと思うが、結構沢山食べ物の写真が見つかったので
ここぞとばかりにプレゼンに挿入。
日本を懐かしく思うとともに、日本食が恋しくなる。
写真見るたびに、一番自分がやられている・・・

写真の説明は
Sashimi is cut row fish, eaten with soy sauce.
And sushi is a combination of vinegar flavoured rice ball and Sashimi on topping.
こんな感じで。


◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇
http://ugandaentebe.seesaa.net/
posted by おおゆき at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。