2007年11月23日

卵の黄身は白い?

SANY1009_1.JPGSANY1020_1.JPG
ウガンダの卵の黄身は日本のもの程黄色くありません。
卵焼きを作っても、全体的に白っぽいから白身だけ焼いたように見える・・・。
黄身が黄色い卵は”Yellow Yolk egg”という名前で別に売られてます。
(お値段は普通の卵の1.5倍くらい。)

写真は上がYellowYolk egg、下が普通の卵。
餌の違いでこういう色の違いが出てくるらしいけれど、
日本語であれば「黄身」というくらいだから
昔から日本の卵の黄身は黄色かったのではないかと思うのですが。。。
日本の餌は質がいいのかな?
もう大分当たり前になりましたが、たまに黄色くなって欲しい時は
ちょっと残念な気分。。。
茶碗蒸しとか作るなら、やっぱりYellow Yolkがいいなー。
でも、白くてもきちんと泡立てればふかふかのケーキが出来ます!
posted by おおゆき at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ウガンダ事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/68624342
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。