2008年02月25日

Workcamp in Kiwangala

image/ugandaentebe-2008-02-25T14:36:40-1.jpg

image/ugandaentebe-2008-02-25T14:36:40-2.jpg

image/ugandaentebe-2008-02-25T14:36:40-3.jpg




A friend of mine is organizing a work camp in Kiwangala to construct
classroom for children. I was personally interested in the process of
construction, took ten days leave from work and joined the camp.


First of all, Kiwangala is far from town, actually the most country side
I’ve ever been in Uganda. No tap water, no gas cooker … not convenience
at all!
BUT people there were so nice, the environment was good without traffic
jam or mindless drivers, consequence, I had great time there.

Total construction period is about 1 month starting from Feb.3^rd , I
went there twice when they were working on foundation and ring beam.

For the foundation work, Ugandan volunteers from technical college and
one Japanese volunteer were there. 7 Japanese volunteers and some
Ugandan volunteers joined from second week.

I assumed that Ugandan might not work so hard and Japanese volunteers
(university students) would morn and groan to the condition of camp
site. But exceeding my expectation, they were industrial, hard working
and adjustable to the tough situation, work camp had good atmosphere.

I left camp at midterm, but wanted to stay longer if possible…

Working with volunteers changed my negative feeling toward Ugandans so much.

I hope the camp will be closed peacefully, Japanese volunteers go home
with precious memories.

------------------------------

友人が任地、Kiwangalaで学校建設のワークキャンプをやってます。
個人的に、基礎や梁の建設を見てみたかったので、合計10日間の休みをとって
見学に行ってきました。

Kiwangala というのは、その近所で育った同僚でさえ名前を知らなかったくらい
結構な田舎町。恐らく、私がいったことのある中で一番田舎では?と思われる場所で
水道、ガスなどなく、まぁ不便なところ。
でも、だからこそ、人が素朴で暖かい感じがするし、環境もよくってとても楽し
い時間がすごせました。

ワークキャンプは全体で1ヶ月間、2月3日からスタートで、最初の一週間はウ
ガンダの職業訓練校の学生や卒業生のボランティアたちと、日本人のボランティ
ア1人で、2週目からは日本から7人、ウガンダ人が更に数名加わって合計15
名(くらい?確か・・・)のキャンプ。
行く前にウガンダ人の仕事は適当なんだろうなーとか、日本の大学生は思った以
上の田舎っぷりに不平不満を感じるんじゃないかなぁとか、そんなキャンプをま
とめなきゃいけない友人も大変だと思ってたけど。
いってみたら全然心配することないじゃん!ってくらい皆よく働くし、まじめだ
し、協力隊員でさえあまり馴染まないような環境(特に食生活!)に適応して、
すごいいい雰囲気のキャンプでした。

作業の方はほとんど手伝わず、料理係を数回手伝っただけだった私を受け入れて
くれてちょっと心ぐるしいくらいでしたが、
勉強になったし、楽しかったし、キャンプの途中でカンパラに帰ってくるのが
ちょっと寂しかったです。

基本ウガンダ人嫌いだった気持ちが、ちょっと変わるきっかけになりました。
出会いに感謝。

あと一週間、キャンプが無事に終わりますように!!
posted by おおゆき at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ウガンダ内外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87038305
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。