2008年04月23日

最近妙に日本食が恋しい

先々週に日本人の専門家の方に
カレーライス(それも豚肉の!)をご馳走になって
その後、日本食を食べたり、
日本に帰ったりしている自分を夢にみてしまい、
遅まきながら軽くホームシックの今日この頃デス。

フリカケとかだしの元とか、
お茶とかいろいろと持ってきてはいるのだけど
やっぱり、たまーに

「違うんだよなぁ・・・」

って思っちゃうだなぁ。

んなわけで、求む!日本食。

・・・って訳ではなく。
(いや、日本食の差し入れはいつでも大歓迎ですが。)


そんな、ちょっとした食のホームシックを感じていたこの頃、
JICAオフィスのお手紙ボックスを覗くと・・・


そこには「カリカリ小梅(6個いり)」と練り梅とのし梅と!!!

梅尽くしの差し入れが!!
これは最近ウガンダに戻ってきた後輩隊員の差し入れでありましょう。
めちゃうれしかったー。

大事に食べようと思ったんだけど、帰宅してその夜のうちに
カリカリ梅とのし梅は食べてしまいました・・・

うーん。日本の味。(そうでもない?)


そういえば、以前、
親に
「昆布を送って欲しい」
とお願いしたところ、おつまみ用の昆布が送られてきたので
(私としては出汁用の昆布をお願いしたつもりだったのに
全く意思の疎通できておらず・・・。)
残念ながら、私はあまりおつまみとしての昆布は好きではなくて、
日本人の飲み会に持参したり、ウガンダ人に食べさせたりしてみた。

そのとき、ウガンダ人の感想
「confusing!!(複雑な・紛らわしい)」
そういいながらあとを引いたりもしていたみたいだけど、
彼らにしてみれば味付けの種類はしょっぱいか、甘いか。
食事はしょっぱくないとおかしい、お茶とお菓子は甘くないとおかしい。
だから、昆布のなんともいえないフクザツな味はコンフューズ!
そうなるんだなーと、なんとなく発見。

もし彼らが自分の国を長く離れたら、何を懐かしがるのだろう???
posted by おおゆき at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物/飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。