2008年06月05日

無駄な投資?

本を持っている数と知識の量は反比例するらしいとよく読むブログに書いてあっ
たけど、
自分の身を振り返るとよく当てはまるように思う。

もともと、活字は嫌いなのだが、なぜか本を買うと勉強した気分になってしまうので
なんだかんだ言って買ってしまうのだ。
本当に、無駄以外の何物でもないんだけど。。。

協力隊に来てから一時期勉強熱が高かったのだが(なぜか過去形!!)
その時に購入した本はほぼ手付かずのまま。。。
帰国のことを考えると、なるべく読んでウガンダに置いていきたいのだけど。
多分、私が持っている本を今後の隊員が読みたいとは思わないだろうし、
場所をとるだけって気がする。でも、恐らくおいていくんだろうなぁ。

とりあえず、最近(8割がた)読んだ本は

「市民参加と合意形成」 学芸出版社 原科幸彦編著
実は読みきってはいないが、様々な自治体における市民と行政の協働で策定された
都市計画の紹介のような本。勉強にはなるかなと思う。

だけ。。。

励みにするためにも、ちょっとずつ読んだ本をブログに書きとめておこう。
posted by おおゆき at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。