2008年06月19日

ストライキのため、音楽番組をお送りします。

今日の朝、何気なくラジオのフランス語放送を聞いていたところ、
8時のニュースのあとにアナウンサーが言いました。

「本日はストライキのため、通常放送ではなく音楽番組をお送りします。」
(英語です。フランス語だったら分からんだろうな・・・)

正直、びっくりしました。

だって、日本で言ったら、NH○がストライキだからって
朝のニュースだけやってあとは演歌放送しとくようなもんですよ。

恐るべし!フランス。
posted by おおゆき at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

フランス語ラジオで知る日本のニュース

いや、何かがあったことしかわからなかったんですが。

昨日は祝日で、ウガンダは3連休でした。
日、月曜と特に用事も無く家にいましたが、
そんな時はラジオでフランス国営放送を聞いているわけです。
平日は三十分おきに英語、フランス語のニュースが放送されているけれど、
週末となるとフランス語率が8割から9割になります。

ちょっとボーっとしながら聞いていたら、東京で何か事件が・・・とアナウン
サーが言っているよう。
しかし、肝心の内容が、3回くらい同じニュースを聞いたけどよく分からない。
なんとなく、良くない事件のようで、数名の犠牲者がいるようだということは
(野生の勘で??)分かった。

そして今日、ネットで調べたところ・・・予感は当たっていたけれど
なんとも。。。
日本が安全な国だっていうのは過去のことなんでしょうか。

ウガンダも治安は日本とくれべれば悪いとはいえ、犯罪の質が違う気がする。
貧しくて、食べて生きる為に何かを盗むとか。
それが正しいとは言わないけど、理解は出来る。

でも、最近の日本の犯罪って「なんとなく」とか「むしゃくしゃしたから」って
そんなのが多い気がする。
日本の社会はおかしい方向に進んでいるのかな・・・。
posted by おおゆき at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sex and the City

先週の土曜日に、タイトルの映画見に行ってきました。
日本では未公開(8月公開予定とか?)だから、なんとなく優越感。

ストーリーは書きません。知りたくない人もいるだろし。


これでウガンダで映画を見たの3回目になるわけですが、
いつも思うのは「ツボ」のギャップ。

おいおい、ここ笑うところじゃないだろ!っていうところで笑ってる人が多い。
ウガンダ人にかかると、かなりな悲劇も9割がコメディーになるんじゃないかな。
まぁ、私の英語理解不足で笑えないところもあるんだけど、それ以外にも沢山あ
る。

例えば、ライフイズビューティフル(イタリアの映画、アカデミー賞とったや
つ)で、
父親がもうすぐ殺されるって言うシーン。
そこでも大爆笑してるウガ人観客。。。
確かに、あの映画は父親役の(ロベルトベリーニだっけ?)コミカルな演技が面
白いけど。
私にとってはもちょっとで泣きそうなとこだっただけに興ざめですわ。
あんたたち、意味分かってんの??!!って思っちゃう。
でも、これって国民性なのかなー。

あとは日本でもいるけど、上映中に携帯いじったりしてる人。
自分はいいかもしれないけど、
人が映画見てるのに光ってる画面が目に入るとイラッときてしまう。
非常識!!

映画鑑賞にも文化の違いがありますわね。
posted by おおゆき at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

National Heroes day

6月9日はNational Heroes dayで祝日でした。
前日に市場に行った時に、
「明日はお休みだから誰も市場にいないわよ!」って言われて
お店などもしまっている様子。
とくに何もする事ないので、家で本読んだりだらだら。。。
本当はレポートとか、報告書とかやろうと思ってたはずなのに・・・やっぱり自
分の基本は怠惰なダメ人間なんだなーと実感。

先週の木曜日には、下水工事関係で部品チェックしに行ったり
水洗タイプのトイレの設計図を仕上げたり、なんとなく土木っぽいことやってる
自分に少し感動。

でも、現場視察のあとにはレポート書かないといけない・・・めんどーだなー。

いやいや。頑張ります。
posted by おおゆき at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

あまり更新できてませんが・・・

これからの予定として、

・ルワンダ旅行
・最近の活動進捗
  −トイレ建設
  −エイズ対策プロポーザル
  −下水プロジェクト

などなど、アップしていく予定です。
最近、他の事に気を取られて、あまりブログに時間をかけれてません・・。


++++++++++++++

mixiからいらっしゃったみなさま。

早いなーって思われるかも知れないけど、まぁそういうことです。
気が向いたら、いきさつなどまたmixi日記に書くかもしれません。
posted by おおゆき at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

Rwanda行ってきました!

SANY1291.JPGSANY1292.JPG
ウガンダにきてから1年4ヶ月、初の任国外旅行でルワンダ行ってきました。
4泊5日の短い旅行で、土日はさんでいたので市内もあまり見て歩けなかったけど、
同期隊員に会えたし、いいホテルに泊まれたし楽しい旅行!

率直な、ルワンダの感想は、
・ 街がきれい
・ 人のマナーがいい(道を譲ってくれる車が多い、レディーファーストでドア
を押えてくれる人なんかもいる!!)
・ ドラフトビールが飲める!
・ タイムテーブルがある。
・ バイクタクシーは二人乗りだけ!みんなヘルメットかぶってる!
・ 美味しいお菓子が食べられる
・ スターバックスみたいなコーヒーやさんまである!!
・ 字がきれい!みんな筆記体を使う
・ 歩道がある!石畳まである!

・ 物価が高い
・ 夜遊びできるところが少ない
。。。

などなど、色々感じたこともありましたが、詳細は後ほど。

・・・・・・・・・

写真は全然関係ないけど、前回のエントリーで書いたブツです。
半年かけてカナダから大事に航空便(船便じゃないのです!!)で届けられ、
完全に諦めていた頃に、誕生日ぴったりに届いたというミラクル!!
posted by おおゆき at 15:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

Uganda Post の粋な計らい?!

今日、JICAオフィスから、郵便小包が届いているので、
受け取り代を払うようにとの連絡が来た。


・・・はて。
ここ数ヶ月、船便などで荷物を送ってもらったりはしていないし、
うーん。。。。。

と少し考えたところで、一つ思い出した!


かなり前(2007年の12月11日!)に航空便でカナダのアウトドアショップ、
Moutain Equipment Co-opに申し込んだものの、
届かないから半ば諦めていたランニングシューズ、旅行用の貴重品入れ、などなど。
かも??!!

かもよー!!

それくらいしか、思いつかない。


って、あまり期待していて違うものが届いているとかなりショックなんで、
実物見るまで冷静に・・・。

でも、粋なことしてくれますねぇ。
もし本当にそれだったら、今日は私の誕生日。
自分で買ったものだけど、誰かがくれたプレゼントみたいではないですか!!

期待が高まる。


結果は、待て、次号!
posted by おおゆき at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引きこもりウィーク

smallSANY1273.JPG
先週は一度もサイトに行かない一週間だった。
ずっとオフィスにいると、あまり面白いことはないので、
レポートを読んだり、水・衛生関係の機関が発行している資料を読んだり、
同僚によく聞かれるパソコンの操作や、レポートを書くときに便利かなと思われ
る機能を
出来るだけわかりやすいようにマニュアル化してみたりしている。
(まだ、誰にも見せていないので、自己満足に留まってはいるが。)

ずっとオフィスにいると、ボスがいるかいないかで、
スタッフの行動がかなり変わってくることに気付く。
ワークショップや出張などで確実に長時間ボスがいないときは、
受付嬢のクレアはテレビを見たりしている!
最初はオフィスにテレビがあること自体に大層驚いたが、
彼らにとっては仕事中にテレビを見ることはあまり悪いことではないという認識
があるようだ。

テレビ以外にも音楽をかけたり、歌ったり。。。
特に金曜日は週末気分も混ざって結構好き勝手やってるかんじ。
服装もみんなラフだし。


金曜はミーティングと言われて近所の設計会社のオフィスに行ってみたが、
結局ミーティング相手が現れず、近くにあるスーパーで今更買うようなもの??
っていうものも含めて買い物。
(考えてみれば、あと7ヶ月でほぼ任期終了ですよ!!いつの間にか!)
ルンルン気分で定時になるのを待った。
(結局、私自身も金曜日は週末っていう認識が身についてしまったらしい。)


スーパーで買った”今更・・・”という小さめのお菓子の型を利用して、
早速カステラを作ってみたかったのだ。

実は、私の住んでいる家は家具付きのゲストハウスなので、
4口の電気コンロとオーブン二つがついた立派な調理器具がある。
しかしココはウガンダ!
ケーキを焼き始めていきなり停電!なんてことも有り得るし、
大抵気合を入れて何かをすると出鼻を挫かれることが多いので
(おまけに、電気代も馬鹿にならない!!)
チャコールストーブ(七輪)でケーキを作ってみたかったのだ。

すでにケーキの型は持っていた(しかも、2つも!!)けど、
大きすぎてチャコールストーブでは使えないため、引っ越して以来一度も利用し
ていなかった。
(結構高かったんだけどなぁ。。。)
今日買ったやつはサイズもぴったり、ケーキだったら、卵3個分くらいでちょう
どいい。
ってことで。

秤もないので、全て目分量(ウガンダで作っているお菓子、パンは全てそう。再
現性0!)で、
ちょっと小麦粉を入れすぎた感はありましたが、結構いい出来。
隊員の皆様にも、好評。ウガンダのケーキはベーキングパウダーで膨らませてい
るので
あまりおいしくない。
(私が作るのは、主に卵白を泡立てた泡の力で膨らむ。
日本のスポンジケーキやシフォンケーキと同じ要領。
膨らむと、とってもフワフワになります。)

また今度はパウンドケーキなんかも作ってみよう。
(チャコールじゃなくても、同じ原理でガスでも作れることが判明。
ちっさいケーキつくりました。)

引きこもりウィークになってしまった要因は、
ちょっとめんどくさいなーとか、交通手段がないとか
まぁいろいろと些細な理由(言い訳?!)があったわけだけど、
やっぱり、オフィスにいても面白いことはあまりない。
自分で交通費出してでも現場に行くべきだと痛感した一週間だった。

来週は、外に出て行こう!と決心したのはいいけど、
木曜日から任国外でルワンダ行ってきまーす。

初、国外脱出!!
posted by おおゆき at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

Amazi agenze...

May be its not the correct spelling, but
"Water has gone!!" for 24 hours.
Since my place is next to office, the condition does not change if I go
work.
Its terrible to keep the toilet not flushed, when there are many people
in office.
But I have to accept it! We cannot hold it too long in bladder.

Although I'm an atheist, feel like to pray god!!


To make things worse, my co-worker made an appointment with CBO this
morning,
but she run away for the event without telling me and the CBO members
are not yet here!
I'm just advising them to improve their report on HIV/AIDS project,
but cannot help wondering why I should waste my time and support someone
who puts me down.


Those are discouragements for today...


・・・・・・・・・・・・・・

久々に英語書いてみました。

とはいっても、愚痴です。

断水、24時間くらい続いてます。
かなり久々だったので、準備しておらず。
前にも書いたけどオフィスと家が隣り合っているので両方とも断水。
トイレを流す水もないので、オフィスでは誰かがした上にまた・・・って
それが一番苦痛です。。。でも、そんなに長くトイレ我慢できないし。

こんなときは、神にも祈りたい気持ち。


さらに、滅入るのは、同僚の不可解な行動。
今日の午前中にCBOを呼んだらしいけど、私に何も言わずにその同僚は外出して
しまった。
そして、12時現在まだ現れていないCBO。彼らの連絡先も知らないんですけど。。。
私は同僚に頼まれて、何故かエイズ対策のプロポーザルをアドバイスしたりして
いる。
ちゃんとガイドラインがあるのに、何故かそれを満たすプロポーザルが作成でき
ない。
これは、マケレレ大学(ウガンダの東大)出身の同僚も同じ。
なんででしょう??
そして、なぜ私は私をイライラさせる人の手助けをしないといけないのでしょう??
うーーーーーーーーーーーん。

沈みがちな私の身におきた、今日の出来事でした。


***************
追記

午後になって、イベントから帰ってきた同僚がどのような対応をするのかな??と思ってしばらく観察していましたが、
こちらから話しかけるまでは(っていうか、詰問に近い??)向こうからのアクションはゼロ。

ランチ、掃除くらいまでは許せるけど、テレビ見ながら談笑しだしたあたりで

ふざけんなよーっちっ(怒った顔)
パンチ

て気分になって、
「私の予定を聞かずに勝手に約束しておいて、約束の相手は来ないし、あなたは何も言わずに自分が行きたいイベントに行くわ、もう付き合ってられない。もう関わりたくないから自分で勝手にやって!」
と、添削してプリントアウトしたプロポーザルを渡し(投げつけ)ました。

あとから、許して(forgive me)って何度も言ってきたけど、
納得できない。

これって文化の違いなのかもしれないけど、
「許して」と「ごめんなさい」
"forgive me" と "I am sorry" は私の中では違う。
ウガンダの現地語には"I am sorry"にあたる言葉が無く、
彼らが言う"sorry"は、相手に対する哀れみの気持ちがこもっている。
彼らには謝るための言葉が無いとも言えるが、だからこそ、私は彼らが真剣に謝っているように思えないのだ。
2,3回謝ったら許してくれるでしょ?って聞いてくるその態度もどうかと思うし。
とりあえず、許すとは言わずに今日は終わった。
明日CBOの人たちが来るらしいけど、どうなるやらね。。。
posted by おおゆき at 18:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

何故か最近。。。

desktop-photo.jpg
別に活動に疲れたとか、人生に疲れたとか、そういうことは無かったんだけど、
何故か最近は現実逃避に走っている気がします。

何でだろう・・・???

ウガンダでは残念なことに、買い物や食べ物にも走れないので、
専らPCをオモチャ化することで憂さ晴らししてます。

一番インパクトがあったのは、
FlyakiteOSX を利用したPCの見た目改造。
写真のように、マックみたいなPCになりました!!
パチパチ。

やりたい方、挑戦してみてください。
http://www.flyakiteosx.com/files/FlyakiteOSX%20v3.0.zip
(こんな風に、ダイレクトにアドレス貼るのっていけないのかな?)

社会人一年目の現実逃避は、
「マッキントッシュのデスクトップを購入する」
ということで解消された(って言うのか?)のですが、
協力隊に来るときには、さすがにマックだと困ることがあるだろう
(自分にとってはCADが使えないって言うのが大きかったかな〜)
ということで、今はWindowsのノート使っています。
マックとウインドウズでワードやエクセルファイルのやり取りをすると、
何故かフォントが変わってしまって全てがずれてしまうんですよね・・・。
だから、仕事で使うんならやっぱりウインドウズだなぁ。

でも、仕事しなくていいならマックの方が好き。

あれ?今は仕事なの?遊びなの??って
ちょっと曖昧な時期で、確かにストレスフリーな環境にいると思うけど
たまーに、日本で働いていた頃のようなストレスを感じることがあるんです。


とまぁ、そういうわけで、私のPCはマック風です。
(動作が怪しいのでアンインストールするかも知れないけど。)
完璧に自己満足ですけどね。
その上、慣れるまで自分も使いにくいという欠点があったりもして。



おまけのようでなんですが、

活動の方は、結構前にブログにも書いた学校のトイレ建設が
もうそろそろ始められそうです。
ちょうど今、学校が休みなので子供達が登校する今月末には完成するといいな〜
posted by おおゆき at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

新生物?!

最近、蚊よりも小さい全長2mmにも満たない虫がいます。
特に気にしてなかったけど、彼らは私を刺すことに気がつきました。
それも、結構痒い。
それがツエツエバエで眠り病とかになったら嫌だなぁ・・・
そう思って、調べてみたら、ツエツエバエはもっと大きいみたいなんで一安心。

でもやっぱり、痒いのいやだよー。。。
posted by おおゆき at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

上か、下か。

今日、かなり長い時間停電だったので、
同僚のプロジェクト終了報告レポートの添削をしてたんだけど
それも終わって、雑談モードに。

どんな話の流れだったか忘れたけど、
例えば、女性が下着を一つしか付けられなかったら
「ブラか、パンツか。」
って話になって、
私はまぁ、当然のようにパンツなんだけど
同僚はブラだって言う。

この話をしていて思い出したのが、随分昔に読んだエッセイの中で
30歳を過ぎた女性が、風呂上りでスッピンの状態で、
旦那か彼氏の目前にいる。
バスタオルが落ちたらどこを隠すか?
っていう質問。

私はそのときは絶対下を隠すだろうと思ったし、今もそうすると思う。

しかし、そのエッセイの中では、
「顔を隠す」
という人もいるという記述があった

皆さんはどこ隠します??



まぁ、そんなろくでも無い話ばっかしてたのも電気が無かったから。
午後3時過ぎくらいに戻ってきた。
正直、中途半端!!

前述のレポートは今日締め切りなので、夕方の6時半を過ぎた今も同僚は隣で頑
張ってます。
私は、彼女のサポート。(っていうか、wordの使い方が分からないときに助ける。)
約束しちゃったから帰れないのです。。。
こういうのって、日本で働いていたときのことを思い出すなぁ。

※その時は、私は作業をしている本人でしたが。

今停電になったらむなしいなー。

ってか、簡単な操作は日ごろから教えて覚えてもらわなければ!!
と、強く思う今日この頃。
posted by おおゆき at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

恵みの雨とカメハメハ大王の子供たち

あれ?南の島の大王ってハメハメハ?
そして、去年も雨季にこんなことを投稿した気がするが。。。
まぁいいや。

雨季なのに全然雨が降らないねーと思ってたら、
現場に行こうと計画していた今日に限って朝から雨!
それも、一日中降り続きそう予感。
しょうがないから現場行きはキャンセルして明日以降にすることにしました。

久々に大雨が降ると、スタッフがみんな遅れてくるんですよね。
私もウガンダで前の職場にいたときは
雨が降ったらお休みのことが多かった(っていうか、勝手に休んでいた)ので、
気持ちは分かります。雨の日は渋滞もひどいし。

で、そういうとき、いつも頭を掠めるのは
「南の島の大王は そのなも偉大なカ(ハ??)メハメハ
 ロマンチックな王様で・・・」

っていう歌です。それの3番か4番で子供達の行動があって

「風がふいたら遅刻して 雨が降ったらお休みで」

さすがに風がふいたから遅刻っていうことはあまりないけど、
雨が降ったらお休みは大いに有り得る話。
この歌を歌っていた小学生の時分は
「そんなこと有り得ない!」
と思いながら歌ってたけど、
今になって自分がそういう国に来てるんだっていう事実に
人生の不思議みたいなものを感じます。

思い起こせば、アフリカで働いてみたいと思ったのは確か6年前くらい。
その頃とはアフリカに対するイメージも、想いも変わってきているけど
初めてアフリカに出張したのがそう思ってから4年後くらいだったわけだから
「念ずれば通じる」
というのは本当なのかもしれない。

私の未来はどこに置かれているんだろう?
posted by おおゆき at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

やけに丁寧なニャボ

うちの近所にJj's cafe というメキシカンカフェがあります。
料理は結構おいしくて、金曜と土曜の夜はメキシカンブッフェ、
平日の昼間は託児所みたいなところ。
引っ越してきた頃は月に1,2回行ってましたが、最近はちょっとご無沙汰。

この間、なんとなくジャンクな物を食べたくなって、
久々にそのカフェに顔を出してみました。

平日なので人は少なく、従業員も少なかったけど
顔見知りのニャボ(従業員の女性)がいたのでオーダー。

このニャボ、ちょっと面白い話し方をするので記憶に残っているのですが、
例えば
"Have a seat, please."
"How was the food, please?"
"Would you like to have another drink, please?"
etc...
と、何を言うのにも最後に「プリーズ」を欠かさないのです。


ウガンダ人はみんな、沢山「プリーズ」をいいますが、
本文が結構無礼だったりするので、プリーズが浮くっていうか、
何でもプリーズつければ許されると思うなよ!って感じるけど
このニャボは、話し方もさすがに客商売やってるだけあって丁寧。
プリーズの頻度は5割減くらいでもいいかなとは思うけど、
なんとなく話していると心のイガイガが取れそうな気がするのでした。
ある意味、彼女の作戦勝ちでしょうか。

しかしこのニャボ、私を学生だと思っていたらしく、
近くのNGOで働いてるって話したら
「そのオフィス、お手伝いが必要じゃないかしら?だめ?だめ?」
って、食い付いてきました。
職探しはやはり、皆にとって最大の関心事のようです。

ところで、一週間くらい前、カンパラで初めて暴走族を見ました。
日本の人たちのように制服着てる人とかはいなかったし、
明るいうちに走っていたのでちょっと安全かなとも思いましたが、
なんで、もうちょっと有益なことにエネルギーを使えないんでしょうか?
とても大きな疑問です。


最近、ノートPCにメモリ増設(というか、差し替え。512MBから2Gへ!)
したので、かなりの速度向上を期待していましたが、
やはり、「厳しいかな?止まらないでね〜」と思う作業は、
大抵止まってしまい強制修了。
適量の仕事が、人間にもPCにも必要ですね。
posted by おおゆき at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

Head to Toe

最近、いろんな現場に行ったり同僚とよく話すようになって、
ウガンダの政治腐敗とか社会システムについて考えるようになった。

大統領が国会議員を買収して任期を延長させたらしいとか。
(一人5百万シリング、35万円くらい)
初等教育は無料化されたものの、結局お金がある人しか
高校・大学と進んでいけないために職につけないとか。

自分が日本人であるというだけで、大学へ行き、
学生のときに何ヶ月か海外で生活をしたこと、
普通に就職し、やりたいと思ったことが出来ていること、
そのことに特に感謝したりしないこと。

私とそう年が変わらない、修士号をもつ同僚の夢が、
いつか日本とアメリカに行くことだということ。
彼女は4月に生まれて初めて外国に行くということ。

これだけ、国際機関などによる援助を受けているというのに、
貧困層の生活に影響を与える部分は全く変わっていない。
というよりも悪くなっている部分もある。
援助って、なんでしょうね?

NGOで働いていても、同じ事を感じることがある。
私の配属先だって、組織として存続するには利益が必要だ。
同僚たちはウガンダ人としてはかなり高い給料をもらっている。
プロジェクトの利益を受けるのは、日本で言えば町内会長とか、
婦人会の会長とか、地主さんにあたる人であることが多い気がする。
同僚たちに、一番貧しい人たちを助けるようなプロジェクトは出来ないのか?
と聞いてみたところ、全員を助けることは出来ないと。
ここでもやっぱり、金持ちは金持ちのまま、貧乏な人は救われない。。。

私が勝手に理想としている援助と、今活動としてやっていることとは
ずれたところにあるように思える。

何か、自分に出来ることはあるのだろうか???
posted by おおゆき at 14:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。