2007年06月27日

昔を懐かしむデータ入力

今日は久々に仕事らしきことをした。
交通量調査の結果入力だ。まぁ、日本であれば絶対に業者がやる仕事で、
省庁の職員がやるなんてことは無いんだろうけど、ここはウガンダですから。

以前にも一度、アンケート調査の入力作業をやったことがあるが、
ウガンダ人のハンドライティングは読むのに苦労する。
文章であれば多少は分かるが、今回のは固有名詞がメインだったためほぼお手上げ。
記入者の心の中に「人が読むから判るように書こう」という前提はないのか?

作業自体はとっても簡単で、
自動車の種類別に一時間毎の交通量を調査した結果(手書き)を
エクセルに入力していくというもの。本気でガシガシやったら今日一日で
今あるデータは入力できたはずだが、明日やるべき仕事をなくしてしまうと自分が辛いので
ネット見たりしながらダラダラと作業。。。

もともと、あまり賢い人間ではないので、こういう「やれば終わる作業」は割りと好きである。
学生の時に実験が好きだったのも、そのせいかなと思う。
単純作業って、やってると同じ状況で仕事した時のことが色々と思い出される。
2,3年前に仙台で働いていた時、
同じように交通量調査やアンケートの入力作業をやった事を思い出した。
あの頃、そんな作業は自分がやるべき作業じゃないとか思いながら、
でもやるしかない。と眠い目をこすりながら働いたなぁ。
単純作業は時間の無駄に思える部分がある一面、
作業の流れを効率化するために何が必要なのかが見えてくるから
自分がやってみるというのは大切だという一面もある。
作業してるとフォーマットを作った人はあまり効率化やデータの使い道を考えてないんじゃないの?
ってことを感じざるを得なかった。
しかし、ウガンダでは「人件費」は超低額、「時は金なり」といった考え方が無いときてるから
これはこれでUganda流としていいのかもしれない。
彼らが「効率化」に走る日は、果たしてくるのだろうか・・・?

◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇
http://ugandaentebe.seesaa.net/
posted by おおゆき at 15:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ウガンダで活動中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

かまど作りと子供と戯れる一日

IMG_1245_1.JPGIMG_1203_1.JPG
6月16日にムピジのカラガラにある学校でかまどづくり、
18日にエンテベの養護学校で環境教育の授業に参加してきた。

両方とも、隊員の任地になっている学校で、
カラガラではロミさんが、
エンテベの養護学校ではケンペーちゃんが活動している。
学校での活動というのは、なんとなくだけど協力隊のイメージに近い気がして、
ちょっとばかりうらやましいなぁと思う気持ちがあった。

かまど作りのほうは、土曜日に行われたこともあって
あまり子供はいなかったしもともと、協力隊員の勉強会だったため
それほど現地の人との交流はなかったけど、
エンテベでの授業はまさに子供と一緒に!という感じ。
同じ任地にいるというのに、まだ一度も平日の授業にお邪魔したことがなかったので
ちょっとした不安とともにどきどき緊張しながら学校の門をくぐると、
何人か挨拶しにきてくれたり、中には走ってきて抱きついてくる子も。
無邪気な笑顔には心癒される。

思ったよりも年齢の幅が広く、恐らく7歳くらいから上は17,8歳くらいまでいるだろうか。
人数は40人くらい。(60人くらいいるみたいだけど、授業料が払えなかったりしていない子もいるのかな?)

生徒を見ていて、久々に思い出した昔の夢。
”先生になること”
それを目標に、ピアノ習ったりもしたっけ。
それが今では子供嫌い。且つ苦手。
人の好みって変るもんだー

◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇
http://ugandaentebe.seesaa.net/
posted by おおゆき at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ウガンダで活動中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

時には活動の話を・・・

最近活動について何も書いていなかったので、
たまには触れてみようと思います。

・・・でも、考えてみると大してことが浮かんでこないのよね。

職場での仕事は、道路の維持管理とそれにまつわる道路工事の入札・公示業務。
前任者の時は前任者と同僚で行っていた仕事を今は4人で分けるような状況。
仕事が回ってくるのは最後になるので
(同僚がいない時、仕事の量が多い時などのみ)
今まで3-4ヶ月いて、満足に働いた気がしない。。。
私は何のためにここにいるのだろうかと、何度疑問に思ったことか。
と、ここまでは以前のブログを読んでいただければ想像に難くないでしょう。

そこで、最近JICA事務所のスタッフにお願いして
今までの経験を生かせるようなNGOとコンタクトを取り始めたところです。
本当は先週の金曜日にNGOのヘッドに会いにいく予定だったところ
多忙につきキャンセル。仕切りなおして今週の金曜に再設定してもらいました。
噂によると、ウガンダ人にとって金曜日は週末の一部。
きちんとミーティングできるのか分からないけれども
今は暗中模索しながら出来ることを見つけるしかないので無駄足覚悟でいってきますとも。

そのほかには、小学校でのパン教室や浄水処理場見学にも行こうかと思っているところ。
サイドワーク(かなりメインになりつつあるけれど)として、
ウガンダ全土の地図をイラストレーターでつくり直す
(スキャンしたデータをなぞるという地道ーな作業ですよ。)こともやってます。

イメージしていた協力隊活動とはかなりかけ離れているけれども、
自分なりに出来ることを見つけている途中です。


ところで、またもやイメージから外れるイベント。
明日の夜は大使館関係者と夕食があります。なんでも、ボランティアの話を聞きたいとか。
初めのころオーダーして作った洋服を着る初めてのチャンス!
初めて行くレストランも楽しみー。

◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇
http://ugandaentebe.seesaa.net/
posted by おおゆき at 20:53| Comment(4) | TrackBack(0) | ウガンダで活動中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

Kampala City Council

SANY0753_1.JPG
今日は、上司に連れられてカンパラに出張。
連れられて。というか、現地集合だったけれど。

そこでやった事といえば、AutoCADで工事する予定の道路の色を変えること。
はっきり言って、「誰でもできるんじゃねぇ?!」
って作業だ。
その為だけに、体がだるいなかカンパラまで同僚と行ったのかって思うと、
なんだか馬鹿らしすぎる。。。
私のこういう性格がいかんのかなぁ。協力隊に向いてないのかなーと思う瞬間であった。

まぁでも。
初のカンパラシティカウンシル。日本で言えば、都庁みたいなもの。
なんとなく、大学を思わせる建物で、懐かしさを感じたりもした。

その後は、元同僚が勤めている職場にお邪魔し、
同僚のシルビアのお母さんが経営するレストランでランチをし、
丁度いいころに帰ることが出来たのでめでたし。

まぁ結局、めでたしでいいかな。

◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇
http://ugandaentebe.seesaa.net/
posted by おおゆき at 16:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ウガンダで活動中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

実はマメなウガンダ人?!

昨日の午後から、A1サイズの地図とA3サイズの地図をCADでトレースするという仕事がまわってきた。

地図はそれぞれカンパラ市内、エンテベ空港周辺の地図で、
道路の工事箇所や植栽の位置などを色分けするために
スキャンしてある地図の道路の部分をトレースしてほしいというのだ。
恐らく、私が一番得意とする分野の仕事。
考えてみると初仕事?!とか思って、張り切った。

基本的に、彼らは作業の効率というものを気にしないらしく、
スキャンしたデータを高い解像度のままで挿入しようとしたり、
(動きが遅くなったり、悪くするとフリーズしたり、あまりよろしくない)
適切なソフトを使おうとしたりする気持ちがないらしい。
とにかく、日本で自分が教わったことを
今まで教えてくれる人がいなかったんだろうと思われる。
まるで、働き出したころの自分を見ているみたいで興味深い。

折悪しく昨日今日は先輩隊員とシニア隊員が帰国する日で、
どうしても見送りに行きたかった。
まだきちんと、作業を開始する準備を見守れなかったけど
私も家にデータを持ち帰って作業をするということで帰らせてもらった。


そして今朝。
自分の作業量が一番多くなるようにしてもらってきたけど、
きっとみんな終わらせてないんだろうなーとか思いながら
職場に向かった。
まぁ確かに、みんな終わってはいなかったけど。。。
朝から作業をして、お昼ころには形になってきた。
今までチェックしてなかったもう一枚の方の地図を見せてもらうと。。。

こ、細かい!
道路の線に限らず、凡例・タイトル・枠まですべてトレースしている。
それも、下に敷いてある画像が微妙に曲がっているため、そこまで忠実に再現している!!
私自身が作業するなら、絶対にやらないことまで彼らがきっちりとやっていることに
いい意味での驚きを感じた。

(一部の)ウガンダ人、実はやればできるヒト達?

◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇
http://ugandaentebe.seesaa.net/
posted by おおゆき at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ウガンダで活動中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

レクチャー中

IMG_0946_1.JPG


昨日から、活動中に私が使うことになるであろう
ソフトウェアの講習が始まった。

しかし、なんと言うか。。。
午前中いっぱい、4時間×5日間やる予定なんだけど
マニュアルとかなくて全部口頭のレクチャー。
パソコンはあるのにソフトが入っていないって事で、
4人で一台のパソコンを見ながら説明を聞く。

協力隊の訓練所でパソコンの使い方をレクチャーする授業を受けて
できるだけわかりやすいやり方、説明の仕方を習ったが
ここでのやり方は正反対。
疲れる。。。
マニュアル的なものはないし、画面も見づらい。
同じような状況で授業をしないといけないPCインストラクターって
きっと大変だろうなって思う。

技術的にどうのこうのっていうのはまだないんだけど、
ウガンダ人の辞書に”データのバックアップ”という言葉はないらしい。
私のいるのは国の機関で、全国の道路データを集めているのに
全くバックアップをとっていないため、いま使ってるパソコンが壊れたらおしまい。
まずはそんな状況を何とかするように提案してみようかと思う。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
業務連絡???
mixiの日記は投稿するのに時間がかかるので、
seesaaブログに統一してみました。

◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇
http://ugandaentebe.seesaa.net/
posted by おおゆき at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ウガンダで活動中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

停電中の時間の使い方

任地に来てから停電と断水の回数を日記につけているが、
かなりの頻度で(電気:2-3日に1回は必ず。水、3日に1回程度)
それも、両方同時に起きることはあまりないので
あったかいシャワーが浴びられる日が限られてくる。
まぁそこら辺は文句をいわないにしても。
職場で停電になるとやる気がうせる上にやることがなくなってしまう。

そんな時、同期のPC隊員:しかやんは英語の勉強に入るらしい。
業務の助けにもなるし一石二鳥ってやつで
職場の人も認めてくれている。

私の場合は、自分のPCを持っている限り2時間程度はバッテリーがもつので
それほど困ることもなく作業ができる。
しかし。今のところ、やらなくてはいけない作業はない。
家に帰ったら停電してるかもしれないからあまりバッテリーは使いたくない。
他の人も同じ状況になって暇なわけだから
なるべく人と話をしようと思っている。

今日は運良く、日本人の専門家が職場に来ていて、
業務についてお話をしたり、お昼に連れて行っていただいたり
とても有意義に時間を過ごすことができた。
日本にいれば同業他社の方だが、
ここにいるとあまり仕事の関係などを考えることなく話ができるので
ちょっと得した気分だ。

しかしまぁ、自分はいつまでたっても何かの専門家になれる気がしない。
いろんなことをチョコチョコとやってきて、いい面もあったけど
昔憧れていた職人的技術者からはどんどん遠ざかっている気がする。
まだまだ若いし、無駄な経験なんてない。とおっしゃっていたが
今日お話したことをきっかけに自分の将来について考えた。
今考えても答えが出てこないことばかりだけど、
とりあえず今ある時間を有効に使おう。というところで落ち着き
早めに帰ってフランス語を勉強した。とりあえず、三日坊主にならないようにせねば。



停電といえばショッキングなことが。
先週の金曜日に電気屋さんが来てくれて
今までつかなかった部屋の電気をつくように直してくれたんだけれども。。。
今日の夕方、停電が終わった時に、ブレーカーのあたりで臭い匂いと火花があがって
ちょっと後に自分の部屋の電気がおかしなことになって、
もう一回見てみたら5個あるブレーカーのスイッチのうち一つがあがらない。
それをあげようとするとブザーとかすかに煙が上がる。
そのスイッチにつながっているものと思われるのは
直してもらった部屋の電気プラス居間、風呂の給湯器など、使えていたものまでもが!!!
昨日の今日でまた修理をお願いするのはかなり気がひけるのだが
自分で壊したわけじゃないしお願いしなければ。。。

◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇
http://ugandaentebe.seesaa.net/
posted by おおゆき at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ウガンダで活動中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

やっと仕事モード

IMG_0759_1.JPGIMG_0758_1.JPG
今日は大事なサッカー試合の日なのか、ラジオの音が騒がしい。
こんな時は大きなとおり沿いに位置する我が家のロケーションをちょっとばかし嫌に思う。
そんなこと言っても、眠ければ眠れるから実害はないのですが。


さてさて。
赴任して以来、立派な家に住み、優雅な生活ぶりを披露してきたわけですが
昨日、やっとのこと仕事っぽい話を上司とすることができた。
具体的に言えば、これから半年くらいのスパンで私が取り組んでいくべきプロジェクト
4つの説明があり、来週明けに上司から文書つきで詳しく説明してもらうこと
私は自分が今まで日本でやってきたことをまとめてプレゼンするってこと。

今まで仕事がなくて
「自分って何でここにきたんだろう?
彼らはきちんと仕事ができている気がするし、自分は必要なかったんじゃないの?」
と割と日々悶々としていた私としては、やっとやるべきことができてまずは嬉しい。
いそいそと構成を考え出した。

同時に、本来自分がやりたかったこと、やるべきこと、やれることを考えた。
正直言って今の配属先には自分の必要性を感じていない。
周りの技術者のほうが優秀だし、そもそも畑違いの分野だから。
彼らに必要なのはボランティアではなくて予算だと思う。
来る前から分かっていたことだけど、ここにきて実感した。
でもいいと思った。2年間、自分の好きなことを勉強して、
現場を見る機会もあるし、英語を使うこともできる。

しかし、せっかく2年間ウガンダにいるんだから、ここでしかできないこと、
現地の人がちょっとでも幸せになれる手助けをしたらいいんじゃないの?
そう思うようになった。

自分ができることを考えるにはまず、近所の人々の生活を見てみよう。
任務とはかけ離れてるとしても、何かやれるんじゃないかと思う。

写真は関係ないけど
しかやん(最寄の隊員、徒歩10分!)初めての自炊。
しかやん宅の近所で生まれた子ヤギ:生後2-3日。

◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇
http://ugandaentebe.seesaa.net/
posted by おおゆき at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ウガンダで活動中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

レイクフライ

SANY0466_1_1_1.JPG
任地エンテベは空港に近く、ビクトリア湖畔に位置する。
「ウガンダの中で、エンテベが一番雰囲気いい!」
と言われるくらい落ち着いていて、外国人が多いこともあって
「ムズング!!」(現地語で、外国人の意味)
などとタクシードライバーや通行人に叫ばれることも少ない。

しかし!!
住んでみないと分からないこともある。

そのひとつがコレ!レイクフライ。
マラリアや伝染病の媒体になるような実害はないが、
とにかく数が多い。
コレが大群で飛んでいるのが霞のように見えるほど
湖から大量に移動してくる。
夜電気をつけっぱなしにしちゃうと
朝こいつらの死骸が山になる。
その体からは腐った魚の匂いがする・・・

ここ数日落ち着いてきたけれども、そのうちまたくるかと思うと恐ろしい。
彼らの生態を調査してみようかとも考える今日この頃。

◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇
http://ugandaentebe.seesaa.net/
posted by おおゆき at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ウガンダで活動中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

初出勤

IMG_0519a.JPG
色々とあって、予定より遅れて先週の金曜日に引越し、
二月十九日に初出勤となりました。

日本ではホントにぎりぎりまで寝てましたが
今日は朝早くに起きてしまったんで超余裕の朝。
しかも、歩いていく時間をよみ間違え、
30分以上も早くついてしまった。

なんとか、こんなリズムを維持できればいいなぁ。


そして、驚くべきことに今朝私が早く起きた理由は
地震!
震度2くらいだったと思うけどめちゃくちゃびっくりした。
おかげで、うちの窓から朝もやにかすむビクトリア湖が見れました。
結果オーラいってことで。

まだこの家に慣れていないせいか、平均五時間くらいも眠れない。
日中眠くて仕方なかった。。。
早起きは三文の得って訳には行かなかったらしい。
◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇
http://ugandaentebe.seesaa.net/
posted by おおゆき at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ウガンダで活動中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

2年間の我が家

sIMG_0285.jpgsIMG_0284.jpgsIMG_0283.jpg
今日は自分の職場に表敬訪問。
ついでに、自分の住むべき家も見てきました。

話に聞いていたとおり結構な豪邸。
きっと、日本にいたら、一人でこんな家に住むことはないだろう。
家が大きいと、寂しい時はめちゃ寂しいなぁとかも思いながら、
存分に楽しみたいと思う。

考えてみれば、大学入学と同時に一人暮らしを始めてから、
二年間同じ家に住むのは最長記録かもしれない。

苦手な掃除もしながら素適な我が家にしよう。

写真
?外見
?片方の寝室
?リビング

◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇
http://ugandaentebe.seesaa.net/
posted by おおゆき at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ウガンダで活動中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。