2008年12月15日

元気です。

最近、やること、やっておきたいことが増えてきたために
ブログ更新できてません。

でも、割礼見に行ったり、豚をしめたりしながら
ウガンダで過ごす日々を振り返り、活動の方も締めくくろうとしています。

もうちょっと時間が出来たら、随時投稿する予定です。
posted by おおゆき at 15:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

しまった!

最近購入した洗濯用洗剤の匂いが。。。
















トイレの芳香剤ととっても似ている。

自分がちょっと動く度にほのかに香る青りんごに似た香り。

選択を誤った。
posted by おおゆき at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

小学校アンケート実施とバナー作成

banner.jpg
なんか、業務報告書みたいなタイトルになっちゃいましたが。。。

昨日(11月26日)に、今まで衛生レクチャーをやった小学校4校で事後調査をし
てきた。
同僚がかなり忙しそうだったため私一人で行くことになり、正直疲れたけど直接
先生たちと話が出来たので結果おーらい。

嬉しかったこととしては、前回のレクチャーで配った、手洗いの解説が手洗い施
設の近くに貼ってあったり、紐を通して使ってくれていたこと。
対象校4つのうち、2校できちんと活用されていたのが確認できた。

学校はコレが必要だ、アレが必要だというが、彼らは何かを得た時点でそれを最
大限に活用する前にまた違うものを得ようとすることが多い。
そういう学校の姿勢を見るたびに、適切な援助って何なんだろうと考えさせられる。
私自身の基準では、今ある資源・物資を最大限に利用する努力をした上で、どう
しても足りない部分をサポートするのが援助だと思う。
今あるものを活用する手助けをするのが、NGOや援助団体の仕事だと思うんだけ
ど、実際はそううまくまわっていない。
学校や生徒のためになることをしたいと思う一方で、自分の提案したことが本当
に学校のニーズと合致しているのか、いつも疑問に思う。
一連の活動を通して感じたのは、本当に活用されるかどうかは分からないにして
も、とりあえずやってみないと分からないって言うこと。
やらないで心配していても、何も変化ないから。
ごたごた言う前に、やってみろってことですね。
活動を通じてムカついたこととか、問題に思ったこともあったし、そもそもレ
ポートは手を着けてないからまだ終わったわけじゃないんだけど、
学校の衛生教育活動を通じて、ある程度相手を信じてみることとか、矛盾や自分
の信念と違ってしまうことがあったとしても実行してみることが大切なんだろう
いうことを学んだ。


アンケートを配布した後に、その足でバナーの注文に行ってきたのだが、ここで
一悶着。
(※バナーとは、横断幕のようなもの。今回は1メートル×5メートルの横断幕
を、学校の壁に掲示して生徒や地域の人に衛生メッセージを発信するという目的
で作成)
どんな形式のファイルでもいいと言われたので、イラストレーターで原寸大にし
て作成、そのまま印刷会社に持っていったのだが。
恐らく、データが大きすぎて解像度を高くするとTIFFに変換できないというのだ。
バナーに印刷するには、TIFFファイルじゃないと出来ないともいう。

それ、最初っから言ってよ!そしたら自分で何とか工夫したのに!!

と、英語で言った後に、日本語でブツブツ文句を言いながら、
ああでもないこうでもないと言い訳する印刷会社の技術者達がファイル変換する
のを横から見守った。

彼らは、きちんとイラストレーターやフォトショップを使いこなしていて、
ウガンダ人でも出来る人はいるんだなーと感心していたところだったんだが。
・・・やはり、そうは言ってもウガンダ人。

・ ロックしてあるオブジェクトなどをチェックすることなくコピペしようとする
・ ショートカットを使うとき、やたらと強くキーボードをたたく
・ 縮尺などは数値ではなく、目分量で決めてしまう

など、見ていて、イライラハラハライライラ・・・・

これでいいだろうと自信満々に見せられた画像は、解像度が低すぎるわ、オブ
ジェクトがところどころ抜けていて変な絵になってるわ、
ところどころ線の太さまで変わってしまっていて、とてもOKといえる代物ではない。
作業に手を出すつもりは無かったけど、自分でやらないと出来上がりがとんでも
ないものになりそうなので我慢できず自分でやってしまった。
普段、12インチのノートPCで作業をしている分、デスクトップ使えてちょっと
大きい画面に魅力を感じちゃったりして、楽しかったからいいんだけど。
よーく見ると、このプロジェクトの出資者のロゴがギザギザになっちゃっててよ
ろしくないんですけど・・・まぁ、しょうがない。

もう刷り上っているらしいので、明日オフィスに行って確認してこよーっと。

写真はそのバナー、ロゴなどを入れる前の状態。
カレンダーデータの使いまわしです!



posted by おおゆき at 16:20| Comment(1) | TrackBack(0) | ウガンダで活動中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

今になって。。。ワークショップ参加

昨日は、WaterCANというカナダの団体が主催するワークショップに行ってきた。
水・衛生関係の技術移転を目的としたもので、
井戸の掘り方、雨水タンクの作り方などなど実用的なテーマがいくつか取り上げ
られていた。
内容は目新しいものではなかったけれど、
ウガンダに来て、自分なりに調べて分かったことが
惜しげもなくテキストに載っていて、
「こんなワークショップに、初めの頃参加したかった!!」
と思ったし、
ウガンダにいる隊員の中でも、
村落隊員にはもってこいの技術が盛りだくさん。

でも、同時に、自分ってどう思われているんだろうなーとも考えてしまう。
私がこのワークショップに参加できたのは、
偶然というか、たまたま同僚が声をかけてくれたから。
私よりも先にワークショップに来ていた同僚は、全員技術屋さんではない。
彼らも、こういうことを学ぶ必要があるだろうが、
実用段階までは持っていけないと思う。
恐らく、テキストも1週間も経てばみんな無くしてしまうだろう。
それじゃぁ、結局は「来た、見た、知った」くらいで、
後に残るものは何も無いのだ。
最初から誘ってくれれば、もっといろいろと聞いて、
役に立てただろうに。

もしかしたら、私が付いていけていないだけなのかもしれないが、
情報の共有が何故もっと出来ないのだろうかと思ってしまう。
それとも、こいつはもうすぐ帰るから・・・。
って見切られちゃったのかな?
そうだとしたら、悲しいことだな。

そんな徒然を綴りつつ、帰国まで2ヶ月切った。
こんな感じで、ゆるーくフェードアウトかなぁ。
とにかく、自分が得た情報を、後の人に残していけるように頑張ろうと思う。
posted by おおゆき at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

Japanese Night

最近、うちが断水になることが多く、
昨日はJICAの調整員さんのおうちに泊めてもらった。
相手は男性、泊まったのは私一人。みたいな、日本じゃ有り得ない設定で。

でも、めっちゃ日本だった!
日本酒、さきいか、なべ、たこ明太子、サンマ丼・・・。
あとちょっとで帰るのに、今更って感じだけどやっぱ嬉しい。
なもんで、日本食食べません宣言はあっさりと撤回。
ホームシアターでデスノートのDVDを鑑賞した挙句、
気が付いたらソファーで涎たらしながら寝てた。

でもあれですね、ホームシアターって
私の夢のうちのひとつだったんだけど、
思わず右見ちゃったり、振り返っちゃったり、
いろんなところから音が聞こえるって落ち着かない。
でもって、結構お安く出来たらしいんです。
日本だと、家が一番問題かもしれないけど
海外赴任の機会があったらやってみたいなーって思いました。

シャワーを浴びてそのあと続きを鑑賞。寝たのは明け方、6時半ごろ。
ニワトリも鳴いてたなぁ。
素敵な週末の始まりでした。

先週、学校での授業が終わったのもあって、
結構呆けてます。たいしたことしてないのにね・・・。
posted by おおゆき at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。